ひとのススメから始まったこのブログ。まずは私の徒然を発信する事から始まって、何かテーマ?とかが決まっていったら良いなぁと思います。


by sound_great

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さたなしはあしことかな

と言うけれど…私の動揺具合が分かる気がするけど


おろろろろん!優しいってしたたかというよりしなやか、つまるところの柔軟な、強さだねぇ!
篤姫を見て思ったよ。
安政の大獄?で桜田門外ってことはわかっていたのに!
おおおおおお!
ぬううううう!

うわあああん!人を動かすのも動けなくするのもこんなにこんなに!
人間って人間って!他の動物だって同じくで優しくされたら響くものがあり、武によって制されることだってあるだろうに。
自分の爪でも牙でもなく、でも言葉とか行いを決めることはそうなんだけどそれってちょっぴり飛び道具(でも内面的に残るとか検閲にあうこともあるんだろうけど)。
生き物はやったことに責任があって、日々は重なっていくものだけど。

テレビだから物語だから切り取った場所と立つ場所があるから、こういうけど、
これが史実としても本当だったらいいなぁとおもう。
心を許せるというか、自分を認めてくれる人がいる、ということを知っているということは心丈夫だよね。
その人の事を悼んだり祈ったり、つまりは思ってくれる人がいるということは救われるところだよねぇ。

あっちゃんの良く悪くもまぁ思ったことを認める、そこはそうだけどと受け止める姿勢というのは(うーん言葉が上手くないけど)
私の場合は研究(とか)を通してやってきたい事の一つだけど。
うまいことこいったデータって言うのの一例を見たなぁと思って。お芝居なんだけど、結果として人の心を動かし、心の持ちようを明るい方へ変えていたという風になってる成功例みると、見えないとこだけど、無理にやる必要はないだろうけど私がやりたいので、まずは仮説として立てるに心強く思うよ。
科学として持っていく方法も考えているので、まずは希望場所に行くよ!ぬん!
まぁ楽しいことなので、そうじゃなくてもネタをストックしているのですが、論文書いちゃおうかな勉強おろそかにならない程度に(笑)早いとこ実績積みのバイトもするし。ぬん!

ふと、大河ドラマ一つで何を真面目になっているんだろうと我にかえって。
そう感じさせてくれたドラマはたぶん好きなドラマの一つなんじゃなかろうかと気がついた。でもそういうのっていっぱいあるよなぁ。なんでもなんかしら思うよなぁ。
サッカーも好きだっ!でもオランダ戦だって楽しみだっ!!ナイジェリアの人の前太ももの筋肉も好きだっ!
このU-23、こっそりこっそり黄金世代になってくれるんじゃないかなーと思ってた(否思ってる!)だけに、体に沁み込んだ形にこだわりすぎないことと(大きなサイチェンと選択肢としての真ん中意識、あとはシュートの形について。だってプロなんだもの!良いからだしてるはずなんだもの!頭だけじゃなくて!)オフザボールの間も当事者であってほしい(セカンドボール前向いてと、見てないんじゃなくて読み過ぎてカバーじゃないくて自分の範囲に来てから動くってんじゃチームによっては遅いと思うの)。
私今日前半見て安田さん不調で香川さん良いかなって思ったんだけどなー…ぬー。
[PR]
by sound_great | 2008-08-10 21:49
オリンピックの開会式、なんというか、本当に美だー。
客席のペンライトさえも演出としてどのシーンでも一部になれるような素敵。
演出の妙というのは、このあいだ劇団四季のむかしぞうがきたを見たときにも感じた。
(浄瑠璃使用のとことかからおもしろかった!吹雪のシーンとかほんとあれもきれいさを感じた。流れるような、流れのある、うつくしさ。 中でも象の見る夢のシーンは一番好きなところの一つだった。やっぱ四季はミュージカルだよね!と思えてうれしかった。あと象の心境についてがもっとも好きだった!そうかー、君大人だったんだよね、漢だねというか。そうだよね、感じてたんだよね!ってかんじで?)
どちらでもやっぱり人力で動いている、行われているってところがさらに感動を呼ぶ気がする。
ちゃんと人が動いているんだよ。力を出しているんだよ!
ピアノひいてる女の子は楽しそうで開幕式としては最高なじゃないかなと思った。自分がひいてないとやっぱりあきちゃうよね(笑)
鳥の巣も近くで人が組んでるのを見るとほんとにすごいね!
ライトというかイルミネーションへのこだわりにとても納得がいった。そうかー大きな物語をまとめるために今回必要としたのねっていうか。
環境問題テーマにはどうなんだろうと思いながらもメッセージ性がしっかりしていて物語があって。子供が参加っていうのもよかった。22:00なんてねむくなかったのかな。興奮と緊張と楽しいのでふっとんじゃうのかな。
NHKの解説と感想も私はすきだった(笑)

最近どうにも最近、積み重ねる、とか、重ね重ね、というところに意識が向かうことがあったので、
歴史とか今に通じるものを大切にしているのがとても嬉しかった。その上で先もあるんだよね。
フロンティア!

まー途中までほとんどバッドマンビギンズを見ていたのですけどね☆
あれも思ったよりもずっとはっきりとってあって良かった。ふとんでにんって笑った主人公の糸のような口角があがったダブリュ型の口がとてもめろりときました。はい。
全然関係ないと思うけど、主題歌に開催国と他の国の人が一緒にっていうのはとても良いね。
いぎりすだけど欧州と中国。つまりは大陸の。考えることはまだありそうなきがする。どうせならみんなでよくなっていきたいよね。笠の花に咲いたのは地球全部の将来の笑顔。入場順もえーからはじめたくなかったのかしらってあほなことをほんのちょびっとおもった。ちぇろ対策?ドームだけでなく周りの別の場世でもぱんぱん上がってるのも良いね。花火。
無礼講ってやつだねー。
タンバリンを打ってるおっちゃん役のお兄さんのリズムがちょっと良かった(笑)


びっくりだよー。いつもながら徒然徒然ながら族であったことよ。
おやつに食べたコラーゲンか夕飯の何かがよくなかったのか、ちょっときもちわるい。
扇風機にあたりすぎてたから?それともテレビの傍で熱中してみてたのかな。ポケモンでもこんな現象があったね。
これから本番だしチュニジア戦すぐだし!テレビは離れて見るんだぜ!
(危険だ。このままだとサッカーのことも徒然書きそうだ。下手っぴ素人はオランダはもうFW残して、後は人数でかつ気持ちで行くしかないのではとか。ボール持ってきたら一人が見てからつっこんで、その後交わすかパスかこぼすかしたらもう前に即効みたいな。
チュニジアはボール持ってきたら間を持つディフェンスで確実に取るかクリアして。もうパスでつなぐ細かくワンタッチでつなぐみたいな。
アメリカ戦見てたらなんかいろいろ思う事はあったけど、同じU-23くらいの人たちってことを忘れてないか…?てちょびっとだけおもった。体格差とかそりゃあるけどさっ。←後半途中から見た人が言って良いことではなかろうが)

もしゃー!夜更かしせんでよくて、良かった。個人的にここ大切でした。
星占いだと今週言動・タイミングに気をつけろってあった。どきどきしている。
[PR]
by sound_great | 2008-08-08 22:17
ほんとうは、数日前に調子に乗って本のことをかいてしまったこともあり、
ちょっとおもったことを書き留めておこうと思ったり、
七月は吉本隆明さんの講演会に行ったり、サッカー見たり、与那国島へ行ったりして乱雑なメモが解読できるうちにこっちにメモしようかなと思ったり、
写真が少したまったから少しこちらに残しておこうかなと思ったりしたのだけれど、
このままだとあまりに中途半端なので、今あったことについて記す。

自分のために掘り下げた悲しみかグチなので、とても申し訳ないような気もするけれど。
(自分のためのメモには違いないので、構わない気もするのだが、ブログという場所に書く以上枕草子とか徒然草というよりは藤原のお嬢さんの日記よりもっと私的な感じだけど、
見られるということへの承知が必要だと思うので、
より自由に書くために書いておく)

ただでさえ狭い道、でも家に辿りつくためにはどうしても通らなきゃいけない道で、車が必要になるのは便利だけでなく、距離やら乗る人たちの事情があるのももちろんわかっている。
うちはその狭い道に面して生垣が境界を作っている。
生垣と言うのはその名のの通り生きているものだから、特に夏と言う新緑の育ってきた若葉がまた青々と青年期を迎え、花はなくとも成長という勢いがある。
そうでなくてもかたい葉っぱも多いため、車に傷がつくし、道を狭くするから刈ることは責務としても必要なことだとの自覚もある。
保身のためかもしれないが、実行していないわけではないことも記しておく。
実際苦情に近い注意を寄せる人がいることも認識の中にあったことであった。否、今もある。

しかしてただでさえ狭い場所、他の立地条件も加わって、車は通行禁止だと入口にはでかでかと立て看板がかかげられるほどの場所で。
加えて今はその道で工事が行われている。トラックが来て、機材出して、音とかはこの件には関係ないけど、人も幾人も来る。朝の8時からおやつ時か夕方くらいまで、ずっとだ。

体の具合とかある人々にとっては車が移動のためにとても大切になることもわかっている。
朝決まった時間に向かう必要のある場所があることもなんとなくわかる(直接うかがったことはないけど。前は息子さんの送迎があったけど、大きくなったもんね)
でもわかってるのかなぁ、生垣じゃなかったら、コンクリートとか融通のきかない(ごめんね)壁だったら、そもそも擦っちゃって通れないんだよ。
生垣だから柔らかく受け止めてくれているんだよ。
必要なときにおばあちゃんだって乗せていけるし、自分の仕事にも通い良いんだよ。
工事の人に(トラックが止まってしまい、そうすると人一人通るのも危なくなるため必要にかられ)注意してたの知ってるよ。
その時にトラックなんとかすれ違えるギリギリのとこまでよせ(後退)させたんだよね。でもどうしても工事のために
(住民はたぶんかなり賛成していない住宅建設のために、長く生きてた木も切ってはじめた工事のために。この木はでも切られてみたら、真中の部分が根に近い部分も大きくくさっていて、今年も花をつけて、また緑の若葉を出していたのが泣けるくらいの状態だと初めて知るきっかけになれたんだけど。私はさびしかった。余談だけど)
はみ出ちゃう部分があって、軽トラックが一台あっても一人通るのがギリギリになるような場所だから車を通す時にどうしても生垣に寄りかからずには通れなかったんだよね。
生垣は常緑樹だし、春の若葉よりもしっかりした大人になっていく今の葉っぱはきっと葉の中でもかたい方だよね。立派な深緑の色だもん。
異常気象の中でもやはり夏だから空近い日が照り続ける日中にはきっと水は乾いていって、はっぱはカサっとしてる方かもしれない。そうするとまたちょっとかたいんだよね。
でもね。理不尽だと思ったよ。
うちはスペースの問題もあって、狭くなるよりも前のところで月極めを借りたりしてたけど、でも上記で言った理由もあって、車が必要なのもわかるよ。(実際はおばあちゃんはよく歩いて散歩したり買い物にいかれてるけど、病院とかもきっといってるんだよね?見たこと無いけど、たぶん。)
工事も始まったから、どんなに崖の土がえぐられて、懐かしい景色がどんどん減って姿をかえていったとしても、始まったということ知ってるよ。
言い方が気になったのかもしれない。
「親に言づけて。木が道に出てると、車が擦っちゃうから、何度も言われないように、ちゃんと木を切るように。」
表情だったのかもしれない。苦々しいをちょっと冷静で隠したような感じ。しょうがないね。という後姿。
でもそこにちょっと罪悪感を感じたから書くに到った気がするのは願望か。
私は頷いた。頷いてしまった。
「伝えます」
いつもだったらすみません、とか言っちゃいそうだったけど言わなかったし言えなかった。
ここが涙の原因かもしれない。自分の評判下げるたねつくっちゃったかしらとか思ってるのかもしれない。けど、
一番何か胸にあったのは、台詞の一部と、表情と、後姿。あと自分が弁護しなかったこと。
私きっといつもだったら噛みついていたよ。でも工事が~とか。でも留まったのはなんでだろか。近所づきあいか、自分の評判か、掘り下げ切れていなかったからか、それとも。

自分の為のメモだから振り返ってみると、
普段うちに来ない人の超部屋着の近所のおばさんが「(母親に)言づけて」って言ったことに違和感があったのが一つと、
振り返ると、ちゃんとって言ったのと、何度も言われないように、って言ったのと。
私がすみません、って言わなかった時の表情と(これは私がやましくおもったせいかも)、
後姿。ドリンク剤のTシャツ。わかんないけどちょっぴり誠意を感じなかった。(これは私の感覚だけど)
後ろには生垣があり生垣にちょっと失礼な言い方な気がした。あほちんに思われるかもしれないが、良い子ちゃんなのかもしれないが、私はだからすみませんって言いたくなかったよ。
正しい認識で弁護できないまま認めたらただ悪い子になっちゃうじゃん。それっていやだよね。

でも確かにぐんぐんのびるときだし、明日切るだろうね。刈ろうっと。
あ、もう一つ理不尽じゃないけど
工事域から外れたお隣さんちも生垣だけど、ぜんっぜん人がきてなくて、手入れできる時が少ないのに、居る時に言わないね。これはしょうがないんだけどね。
私もそのお隣さんちの生垣に車庫入れの時にこすってそうなの内緒にしといてあげるね。
あ、単に見下されてる感じなのもいやだったのかも。それを認めるのもいやなのかも。
ここで終わらない感じがするけど、書きながら泣いたらちょっとすっとした。

勝手ながらこういう場があって良かった。ありがとう。
後で家族に話そうと思う。
[PR]
by sound_great | 2008-08-06 19:22