ひとのススメから始まったこのブログ。まずは私の徒然を発信する事から始まって、何かテーマ?とかが決まっていったら良いなぁと思います。


by sound_great

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年になって30日

いろいろです。日々いろいろですね!(いきなり)
また好き勝手書きます。去年は手帳に好き勝手書いたりしていたのですが、なんだか今年は書く内容がこう煩悩じゃない感じで。勉強とかスケジュールも内容は別のノートに立てて書いたりで。こっちに書くのもどうしようかと思ったのですが、煩悩帳みたいなのこれにかくかーと思って書いたらなんとなくこっちにも書くかという気になったので書いてみました。
なんか毎年ちがうもんなんですかね?どうなんでしょ。
以下ネタバレを含むかもしれません。あんまりこうほめそやしてない部分が今回あるやもと思うので、みるかたお気をつけあれ。
でも基本的にいいなーとおもうとこがあるから書く気がする?(なんかぐだぐだとややこしやだなー)

AVATARみた
・みたいと言ってたのやっと見れてよかった!
・3D
 ・字幕
やっぱ吹き替えの方が楽かなー。でも黄色だったり大きさだったり位置だったり。いろいろ工夫があるのかな。これからまた変わってたりそれが味になったりするのもあるのかな。ちょっと実験的な使い方もあったよね。でもコミックを求めてるわけでもないような?英語と区別するための縦字幕は席が近かったこともあってみると全体視野にするかちょっとたいへんだったけど。いかにそっちに普段注力しちゃってたのかちょっとわかっておもしろかった。このことだけじゃないけど、やっぱりちょっと目は疲れた。見方のこともあるけど、きっと凝視するほど3Dってみるとこがたくさんあってエキサイティングだったんだとおもうなー。千と千尋みたいにどこまでも書きこまれたものをやるひとがつくるとはてしなさそう!2Dのそれを3Dは客まかせで(客のイマジネーションというか想像で)勝手に少し補うというか広げるというかやってくれるとこがあるんだろうなぁというかんじ。
 ・これから
思うとTDLのミクロアドベンチャーってすごいよね!
ああいう風になっていくのかしら。やっぱ少なくとも風感、ものによっては温度感がともなうかんじになってくのかな(ウェット感:雨とか、はなんというか濡れたらあれやと思うねんけども。ミクロ思いだすとくしゃみとかはあるのかな)。あるいは、アリスインワンダーランド(ティムさんてこれともう1個の並行してやってたのかな?すごいな。というかチャリチョコと~ブライドもそうだっけ??あれ?なんというかバランスなんですかね?)とかみたいなお化け屋敷的な、裏に何かあるのかな?みたいな探索というか宝探しというかそういう見っけ!みたいなのとか。あとはやっぱり記録映画みたいな雰囲気としての(あるいはそれとしての)2D映画の価値みたいな?どうなってくんだろー。お金かかる内はあれだけど、そういうのも楽にとれるようなカメラとか安く一般的になったらみんなそっちになってくのかなー。でも銀鉛すきなひともいるもんね。カメラとかでも。光は2Dの方が案外いとしいかんじになるのかな?どうなんだろー
・native
私がおもしろくなったのはやっぱりネイティブさんとあってからだったなー。そしてこの映画でおもしろいというかすきなのもネイティブからの学びとかのとこかなーと。ソウルツリーの立ち位置とか。関与でなく調和?(だっけ?)。あと学者さんの発見した星のすごいとことか。なんというか学者さんの中にはそういう単語で表現される人もいるかもだけどビジネスマインドというか社会的有益な繋がり方、共通言語で表現できる人はたくさんいるよ。そっちの市場の方がどれだけすごいのかというか。説明能力というか。有限資源で逃げないものと比較してもさ。リーダー(研究も総括の方もあるいはマッチョな人も)できそうなかんじだったよ。なんというか、それで時間稼ぎ?してもさっていう。つまり感情移入じゃないけどはいりこんでみてたのかも。やっぱ魅力のある映画だったのかも!るらー。最初の掃除機みたいなトリケラトプス?みたいなのに会った時にも竹が生えてたりして。エイワって漢字あてたら永遠の和とか輪とか環なのかなとか。日本語にしたらきっと平和にも近いような気もしてさ。もう途中からそういう風にみちゃったりというか。やっぱりなんというかすごくメッセージ性のある映画だったような気がする。だから最後の方はああいう方向はちょっとひょぼりとしたよ。がんでぃーになってほしいわけじゃなくて、でもなんというかだからスクィンツ的な感じでというかなんというかかんというかだってそういう共通言語で一見見にくいとことかの価値とかわかりやすくみんなでつかえる?ようにするのとか。わははははははー。
・{ナウシカ(原作+映画)+スターウォーズ}・スターウォーズ=やっぱちょっとホリーウッド的というか
・AVATORって媒介者かしらーとおもったけど、なんというか仲介者というか間の人みたいなかんじになってたのかな?

テニミュ見た
・いろいろタイミングがあって石川行けることになった時真っ先に組んだ予定(ご褒美編)がケーキ食べ放題と21世紀美術館とミュージカルだった…だってやってたんだよチケットあったんだもの…気になってたんだものー!行くことになってからバス、チケット予約すべて当日。行く場所決まったのもいろいろで前日夜だったからね。バスのチケットがほんとなくて、べっくらこいた。帰りもぎりぎりだった。でも社会的役割の中で親切な人も多くてよかった。それに楽しかったよ!!
・あなた方の写真は撮ってませんから!と、いいたい…できごとがあったような気がする。空撮ってたんだよ、空!!!!!ほんとだよ…ほんとにほんとなんだよ…
・初観劇だったけど、スタッフの人ととかもいいひとだったよ。
・ていうか年齢層若!でも出演者とか設定を考えたら妥当なのか?それよりも数パーセント混じった男性客にびっくりした。なんというか、でもまっとうな投影の仕方なのかな?あとさらに数パーセントの年齢層高めの方にも。親子連れ観劇とかもいた。ミュージカルだからいいのかな。私も小さいころあかいくつ劇みたいな観劇会みたいなのでお母さんに連れてってもらったりしたの楽しい思い出だとおもう。王様がトイレで1人になってやっとくつろげた…みたいなシーンが妙に印象深いらしく思いだした。
・テニミュのポジションは謎だったけど、ベルばら(宝塚)+マッスルミュージアムだとはっきりした!!
・オリジナリティはやはりスポーツ性
 音響と照明と役者さんのストロークと役作り(キャラ)と全部一致?しないとなんというかきっと納得できないから、そこがすごいから続くのかなと思った。歌うし躍るしふつうの台詞もあるし動くし、台詞なくてもそこにいればキャラを要求されたりもして、ほんとすごい。だって動きっぱなし声出しっぱなしとか。きっとなんというか男子にだからできることなのかなぁというか。これもひとつ人間が(で)つくってるものなのかなというか。そういうとこあった気もする?チームでやるにしてもポジションもタイミングもあるし、大人数で動けばちょっとずれたらぶつかりそうなくらいだったりなときもあったりで、やることが本当にたくさん!!まさに体に叩きこむというかしみつかせるとかそういう感じなのかなぁとか。そういう場面での説得力があった気もする。だから普段劇団四季とか拝見してたのであのマイクはいかがなもんか…と思っていたが、ありというかなんというかそこまであったら大変やもんなぁと思った。それにそれがある分息使いとか拾えるしオーバーアクションで普通のシーンまで違和感モリモリとかにならなくていいのかなとおもった(ステップふんでるところはやはりミュージカルというか日常じゃないよねというか日常を引き合いに出していいのだろうか…)。なんというか主役の子とか諸所がすごいうまいというかテニスとかキャラとしての個性とかあんまり違和感がないというかなのでわりと感情移入ができたからだと思うけど(主人公がんばれーと思えたしその後は相手の子がんばれーと思ったりでおもしろく見てたんだと思う)。また別のとことかで(思えば別の人たちだけど。他のシーンでもそう思ったてことは感情移入が続いてたってことかもで、だから一番真ん中で出て創ってた主役の子はちゃんと座長だったと思うよ。他の人のキャラづくりももちろん?ですが。若いのにすごいねー。平日だったりいろんなとこ行ったりだよね。よう考えれば。でもやりきったらなんでも価値というか経験値なるよね)~の男、みたいな讃え方があって。まぁ演者は男性なのですが、自分が女なので違和感を覚えたりした。つまり、私はあの舞台の人たち同性とおもってみてたのかな…。おとこの子がみたらもっとすんなりしてたのかなぁとか。だって思えば、主人公の母親さんが声でちょっとの他は全部ほんとに男なんだよ!?20人くらいいるのに!!すごいな…これ年齢がもっと上の人たちがこれだけ集まってたらまた違った感じなんだろうな。やっぱり人がたくさんいて舞台の奥行きも全部使うくらいでそこはやっぱり見てて圧巻だった。あれちょっと遅れたり反対向いたらぶつかる!!しかもそれぞれキャラ作りがあっておもしろかった。
歌としてはホリオカツオカチローさんの3人の一場面の歌で全部(どうでも?)よくなった。そのくらいわりとよかったとおもう。アニーみたいだったよ!!すごいなぁ…きれいにはもってて(マイクもあるけど)声出てたよ。男の子とか女の子とかそういうのもあんまり感じさせないくらいだったよ。ミュージカルだった!ってはっとした気がする。
舞台の作りもよかった。コートのつくりかたとか。一回決めたら何回でも使えてフレキシブルで最小限。うーんマンダム(何)。そして最後の試合だから主演って実はえんしゅつかのひとってくらいの出方でおもしろかったよ。最後だから新になったら次のひとになるのかしらあむろちゃんぱわー!?とかへんなことをいっしゅんかんがえそうになったでごわす。くるくる側転。個人的な好みだと金ちゃんの人の良いかんじと白石役のひとの作り込み度におおってなった。前者は三浦はるまくんと神木りゅうのすけくんに似てる感じがするんだがどうなんだろう。でも告白のとかの岡田君とかの役とかでもやれそう?でも健康で健全な方が良いなー。テレビ系のドラマとか映画もできそう。後者は役のつくりこみが凄い感じがした!たしかに舞台とかあってるかんじ。細かいとこすごいから。でもそういうのやってく中で個性とかも見つけられそうというかテレビの方にも通じれそうな感じ。主役の子はピタっと感というか、帽子の触り方とかストロークとかこの形はココ!というのができるのとやり切れる感じの子なのかなという感じがした。テレビとかの方とかお芝居の方かはわかんないけどいろいろやれる感じがしたかも。バンプの藤くんに近い感じがしたかも。ハイ。あいかわらず勝手に言ってるだけですけども。正直1800人とかの会館で真ん中らへんの真ん中らへんだったのであんまりイケメン(面の意味で)とかわからなかったのですが~(でもその分お話をちゃんと見れた気がする。お気に入りの役者さんとかいたらまた見方が違ったんだろうなぁ。だってすごい人がたくさんいるんだよ!)。ここで知った人とか若いしこれからテレビとかで見たりしたら嬉しいんだろうな~。あの子みたことある!みたいな。それぞれにいっぱい活躍してくれるといいですね。自分もがんばらななー。アンコールも何やらたくさんあって、サービス精神旺盛な感じでした。次の日も2回もあるのかすごいな。
・終わったの21:30で帰りのバスが22:00で、駅までタクシーでなんだかんだ15分くらい?タクシー一応予約お願いしてたんだけどそこまで走って移動で5分弱。どうなるかとおもった。アンケートも出せずにすみませんな気持ち。←わりとすきにちかいものには書いて出してる。
・あの、近くの県立美術館のYAMAGATAさんのケーキのキャラメルクリーム、おいしいよー!!1人席もすごくよかった。となりの人たちの会話がそれぞれすごくておもしろかった。(ききみみだんぼ…)飲み物+200円でオリジナルフレーバーとか(ゆずと加賀棒茶の頼んだ)たのしくてうれしい。いろいろあったよ。普通の紅茶もニルギリとかもあったよ。おまけに試食カステラもちょっと乗せてくれてたいそううれしかった。(既にケーキ食べほで朝ごはんに3つ食べた後だというに…おやつにまで…!時間過ごす必要があったのです…だって開場の3時間前くらいに美術館も出ちゃったんだもの…でも歴史博物館とかも赤レンガ倉庫というより群馬の某精糸場みたいで雰囲気があったよ。今年初雪踏みもできた~。でも晴れてくれてて良かった。近くの広坂神社さんのとこのお稲荷さんは2/1、午の日?にお参りに行くと1年分の効果があるらしいですよ!すごいね!!ちなみに大吉をいただいたよ!福豆が50円だったよ!!みんな分買おうと思ったら小銭が150円だったから1つでわけることにしたけどお得というか嬉しい感じがしたよ…節分ということは啓蟄で春だね!)

石川県金沢
あいかわらず?雲の奥行きがあってふしぎな感じですてき。これって日本海側のかんじなのかなぁ。お天気雨も曇りもその間の晴れ間もあったり最後は雪みぞれとかいろいろ。不思議なはっきりさもあって日本神話性というか照日大王的な感じがするんですよねー。なんとなく。例の如く勝手に思っているだけですが。大きいもののアートセンスがいいまちなのかなぁというかんじ。コンビニの量に比例してかごみがないのが感動的だった。社会的には対外的に開けている気もするけど、やっぱり土地の根みたいな繋がり方なのかなという感じもした。古い系?の建物は民家とかお寺とかでも木を長く使った壁で、雨に濡れて吸い込んでるみたいだった。乾燥なのかなぁ。湿度と暖かさという感じがした。針葉樹的な使い方というか?あと京都に日帰りで行ける距離だということがおもしろかった。日本海側でお山があって、それを超えてなのかな?ようわかりませんがと富山との並びとかも。でも京にも近く前田家さんというか石川という土地を与えら得た人というかはけっこういいそんざいだったのかなと最初思った。今はようわかりません。あと前田家さんの家紋て石川城さんに梅園とかあったし、姿見えずとも香る梅のように、姿見えずとも我ありと敵がおののくみたいな感じなのかもだけど、最初に見た時?はおしべとめしべみたいに見えて、お家が続きますようにというかそういうので、椿とか結構目にしていたのでそれの形なのかと思いました。あてずっぽうのインスピレーションだけどとてもたのしい。ロールシャッハみたいだねー。


ほぼ日さんでとりごえさんの何かやってくれたらいいなー。あのくさこればいが今すきだ!ニュースは最近朝のあればっかだ。なんかよくわかんないんだものー。ますます。交代とかうんたらよりその引きずり方とかのタイミングとかの方でなんやメディアへの信頼がもにゃもにゃ…そして花まるカフェとかスッキリの天の声とかに
。正義感て確かに危うい言葉だけど。でもさ。骨盤の片山さんの集中のサードステップとにたかんじというか。エゴが被った?セカンドじゃなくて。がんばりはがんばりなんだけど。なんだろう、朝日と読売のちがいというか?正直毎日はようわからん。アドラー的??ようわからん。再放送で僕らの時代やるのとても素敵だと思う。偶然みた回が笑点系で。円楽さん…羊羹まるかじりとか…すてきすぎるよ…!やっぱ元祖?王子!!あとネバーエンディングストーリーの1みた。ファルコン!ラッキードラゴン!!ダックスフントみたい!!!ていうか楽しかった。ああいうハリウッドすきかも。夢というか。なんというか。世界?ちょびっとだけなぜかティファニーで朝食をとかマイフェァレディとかおもいだした。花マーケットみたいなとこのみんなとまってて動き出すのとかすごいよね。ああいうミュージカルもすき。

久しぶりだからかたくさん書いたよ、こぺ!!
[PR]
by sound_great | 2010-01-30 23:23

新年!

ちょっと一身上の都合で言えないからこちらで!

寒中見舞いおめでとー!!こぺ!!そして見て下さったひとー!!!
ウェルカム2010年!やぁ、2000年も10年かぁ。来年は21世紀の10年目なんだねぇ。今年も先もたのしみだ!
おなかいっぱいだけど、今年初めて買ったコンビニのまきまきしたワッフルのおいしいアイスを食べてこようかなー。今年もわくわくと迎えられて良かった。
みなさまにもたくさんたのしい一年でありますように。健康でね!
W杯とかねたのしみね。このあいだうっかりチャンピオンリーグの古いの見たら欧州についてとかちょっと考えたよー
個とか愛とかよってるものとか、だからこそ家族が大きいとか。だからこそ自己開示性というか、話すというか自分を開くことがとても有効なんだなぁとか。素直でちゃんとありがとうとごめんなさいができるというのや、もくもくと自主練習やってるところか、すごく評価されるというか。でも見ていてくれる人がいてなんだかんだそういうひとがトップの方にいるというのがわふーいしみる!ってかんじなかんじがしたかな?
W杯楽しみなんだな。国ごとのとかちょっとどうなのだろう通じるのかしら!とかも!
他にもーたくさんーたのしみーまだわかんないこともーがんばることもー大丈夫ー!!(何が?)


あらためてよんだらえらくつかれる文章になっていたな、こりゃ。ねむたかったのかな。
[PR]
by sound_great | 2010-01-01 10:56